四万十町(窪川)のコールマン Callman おすすめの超人気店

田舎はホームページや食べログとは無縁なのであまり情報がない!わかります。
なのでぼくがご紹介しましょう。

四万十町の窪川駅から徒歩5分、田舎の街にいつも人で賑わうお店があります。

 

四万十町(窪川)でのディナーはここ!とりあえずここには行っておかないと始まりません!
その名も『コールマン Callman』

  •   場所:〒786-0013 高知県高岡郡四万十町琴平町14-42
  • 電話番号:0880-22-2706
  • 営業時間:18:00〜24:00(営業時間はだいたい)
  •  休業日:日祝日(たまに不定期)
  •   予算:¥2,000〜¥5,000(飲む人は¥5,000くらい)

店に入ると、まず、ここは都会のお店か?と思うほどオシャレ。
お店の雰囲気は大事ですよね、田舎にこんなお店があるなんて、入るだけで少し得した気分になりますw

コールマンのおすすめは2つ

  • 鉄板焼のお好み焼き
  • 100種類以上のビール

です。

 

鉄板焼といいつつ、お好み焼きがメインディッシュです。
関西風の山芋が入っている、ふわとろ、もちチーズ豚玉、海鮮ミックス
広島風のキムチ入りの赤焼き、チーズとホワイトソースの白焼き
など、豊富なバリエーションです。

 

写真:ブランデーエッグノッグとふわとろ

 

お好み焼き以外のおすすめは、
窪川牛のホルモン焼き、ハート焼き、牛スジの黒ビール煮込みなどなど、地元の牛肉を使ったメニューもあります。

 

 

で、ぼくのおすすめはビール!
見てくださいこの棚のビール!


こんな田舎にビール好きの楽園があります。

常時冷やしている瓶ビールは10種類?ほど

しかもすごいのは生ビールだけで4~6種類あります。
生の注文をすると、キリンブラウマイスターが出てきます。
その他にも、ハートランド、ハイネケン、スタウトの生ビールがあり、ぼくが行ったときは他にも3種類ほどありました。

もちろん、ソフトドリンクから、アルコールはカクテル、焼酎もあり、カクテルのおすすめは自家製レモネードと個人的にはジンジャーワインを使った、ストーンズバックです。
ウィスキーの品揃えも多く、お酒好きにはうってつけです。

 

しかもオシャレな空間なので、女性だけでも大丈夫。
実際、子供からお年寄りまで来られていました。

カウンターなら、お店の人と喋って窪川の人と交流なんかもできます!

写真:カウンターの目の前の鉄板でお料理が次々できていきます。

2階もあります。
店全体の貸し切り、2階だけの貸し切りもできるそうですよ、大人数でもOK!
全体40人、2階20人くらいのキャパでしょうか。

写真:2階奥のスペース、なんだかオシャレ

あと地味にありがたいのが、キレイなトイレが、1階と2階に1つずつ。これは女性にはありがたいですよね。

オシャレだけど自然な暖かみもあり、素敵な空間で、お好み焼きとビールを飲む、素敵な時間を過ごせます。

四万十町(窪川)の晩御飯はここは外せませんね、2件目でビールとおつまみだけの方も多いようです。
ぜひ、訪れてみてください。

 

今からごはーん。 なうなう。♪( ´▽`)

Takayuki Tomookaさん(@takayuki.tomooka)がシェアした投稿 –


また四万十町は遠い、行かないという方にも朗報です。
コールマンは人気すぎて、高知市内もお店があります、こちらもまたなんてオシャレな空間。
素敵です、センスがあります。

高知市のお店の名前は『窪川BEER STYLE Callman 56』


高知に来たけど四万十町まで来られない方はぜひこちらに行ってみてください!

観光スポットのひろめ市場からもすぐ、ぼくのパターンはひろめ市場でご飯、コールマンでビールみたいな流れが好きです。

ではでは、バーニーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です