【ブラット】バイクカスタム事例の全体像、詳細写真まとめ

どうも収集癖があるバーニーです。

みなさんバイクカスタムしてますか?

カスタムするとき、いろいろなカスタム事例の写真を参考にしたりしますよね。

しかし、見つける写真は1つ角度から撮った写真がほとんど、それではカスタムの詳細まではなかなかわかりにくいです。

なので今回は、1つのバイクをいろいろな角度から撮影したものだけを集めてました。実際のカスタムの参考にしやすいと思います。

ブラット(Brat)とは

由来

カフェレーサーとボバーのハーフとして生まれたのがこのブラットスタイルで、比較的新しいカスタムスタイルです。

「カフェレーサーのスタイルはいま世界中で受け入れられているね。逆にアメリカではカフェレーサースタイルのハンドルと、ボバーのリアをミックスさせたようなスタイルをよく見かけるようになったよ。そういったカスタムを “BRAT” って呼ぶんだけどね。」

出典:『Lightning』2014年4月号

カスタムの特徴

ブラットスタイルはもともとカフェレーサーとボバーの中間のようなカスタムから始まりました。そのため両方のカスタムの特徴を備えています。

カフェレーサーのように低いハンドル(カフェレーサーよりは高い)、ボバーのようなショートフェンダーもしくはフェンダーレスです。また特徴的なのがフラットなシートと、ワイドタイヤをはいていることです。

注意事項

この記事では、ブラットカスタムの写真を集めています。いろいろカスタムスタイルとのミックスもあるので、項目分けが難しいく、その点は多めに見てくださいね。

またベースとなった車種がわかるものは車種を記載しています。では、ごゆっくりご覧くださいませ。

カフェレーサー|カスタム詳細写真

ボバー|カスタム詳細写真

スクランブラー|カスタム詳細写真

写真トップ

YAMAHA SR400

pin

HONDA CB400T

pin

HONDA CB650C

pin

TRIUMPH Bonneville T100(ボンネビル)

pin

IMZ Ural650(ロシア製)

pin

HONDA(車種不明)

pin

車種不明

pin

pin

まとめ

いかがでしたでしょうか?参考になるようなカスタムはありましたか?

どれもかっこよくて、ぼくも1台ほしくなってしまいました。

ブラットカスタムはよりシンプルで作りやすいですが、シート下の骨組みや、フェンダーの有無など、法律的にも難しい部分があるのでプロに相談することをおすすめします。

また他のカスタムとのミックスなんかもあり、カスタムジャンルを超えたオリジナルカスタムを作るのもカスタムの醍醐味ですよね。

ぜひ、この写真を参考にカスタムライフ楽しんでください!

カフェレーサー|カスタム詳細写真

ボバー|カスタム詳細写真

スクランブラー|カスタム詳細写真

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です