【カフェレーサー】バイクカスタム事例の全体像、詳細写真まとめ

どうも収集癖があるバーニーです。

みなさんバイクカスタムしてますか?

カスタムするとき、いろいろなカスタム事例の写真を参考にしたりしますよね。

しかし、見つける写真は1つ角度から撮った写真がほとんど、それではカスタムの詳細まではなかなかわかりにくいです。

なので今回は、1つのバイクをいろいろな角度から撮影したものだけを集めてました。実際のカスタムの参考にしやすいと思います。

カフェレーサー(CafeRacer)とは

由来

1960年代、イギリスで唯一の24時間営業だったロンドンのカフェ、“エースカフェ”にロッカーズとよばれる若者達が毎夜のように集まった。彼らは改造したオートバイに乗り、店のジュークボックスにコインを入れて曲が始まると同時にスタートし、曲が終わるまでにカフェに戻ってくるという公道レースを行っていた。

出典:ウィキペディア

カスタムの特徴

快適性や利便性を切り捨てて速度や旋回性能を追求した、当時のグランプリロードレース車両を模倣したものである。燃料タンクは細長く小さな物が用いられる。シートは車体後方寄りに配置された一人乗りの物が用いられ、シートの後方には丸い盛り上がりが付けられる。ハンドルバーには低くて幅が狭い、セパレートハンドルやコンチネンタルハンドルが用いられる。これらによって乗員は上体を伏せて乗車することができ、空気抵抗が少なく車体をコントロールしやすい姿勢で乗車できる。伏せた姿勢でも下肢が楽なように、ステップを後方に移動させたバックステップが付けられる場合や、1960年代のレース車両に用いられたカウルに見られる特徴を備えた形状のハーフカウル(日本ではロケットカウルやビキニカウルと呼ばれる)やフルカウルが取り付けられる場合もある。このほか、装飾的な部品や利便性のための装備などは撤去される場合が多い。

出典:ウィキペディア

注意事項

この記事では、カフェレーサーカスタムの写真を集めています。いろいろカスタムスタイルとのミックスもあるので、項目分けが難しいく、その点は多めに見てくださいね。

またベースとなった車種がわかるものは車種を記載しています。では、ごゆっくりご覧くださいませ。

ブラット|カスタム詳細写真

ボバー|カスタム詳細写真

スクランブラー|カスタム詳細写真

写真トップ

BMW R nineT

pin

BMW R80

pin

SUZUKI GS750

pin

YAMAHA XV920 Virago(ビラーゴ)

pin

YAMAHA XT600

pin

Honda CB750

pin

Honde CB750K

pin

YAMAHA(車種不明)

pin

pin

車種不明

pin

まとめ

いかがでしたでしょうか?参考になるようなカスタムはありましたか?

どれもかっこよくて、ぼくも1台ほしくなってしまいました。

カフェレーサーは世界的にも最も人気があるカスタムの1つで、多くの事例やパーツがあります。また中古車でも多くあるので、すでにカスタムされた車体を購入し、そこに少し手を加えるだけでオリジナルのカフェレーサーが作ることもできます。

また他のカスタムとのミックスなんかもあり、カスタムジャンルを超えたオリジナルカスタムを作るのもカスタムの醍醐味ですよね。

ぜひ、この写真を参考にカスタムライフ楽しんでください!

ブラット|カスタム詳細写真

ボバー|カスタム詳細写真

スクランブラー|カスタム詳細写真

 

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です