日本から海外送金はこれ!どこよりも安く!世界52か国送金可能!

海外送金するとき、どのサービスを使えば一番手数料が安く、そして受取金額が多くなるか悩みますよね?

もし銀行を使っていると、1回で数千円も損をしているかもしれません。

そんなあなたにオススメの海外送金のサービスがWiseです。
僕もこのサービスを使って1年が経ちました、銀行を使ったときよりは毎回2,3千円節約できています

ここではそんな日本ではあまり知られていないWiseについて解説します。

Wiseとは?

Wiseとは2011年に創業し、現在ロンドンを本拠地としたP2Pの送金サービスを提供しています。現在、月に500万人以上が利用し急成長のサービスで、日本でも2016年にサービスを開始し、2018年に法人サービスも開始しています。

このWiseの最大の特徴は独自の仕組みで、海外送金の手数料を非常に安く抑えているということです。

下の画像は英語で書かれていますが、上半分に従来の銀行間での海外送金下半分にWiseを通しての海外送金を説明しています。
そこでそれぞれの矢印を見てほしいのですが、従来の銀行間ではお金が双方の国に行き来しているのがわかります。このため銀行間の手数料両替料がかかり、時間もかかる傾向にあります。
それに比べWiseの方は、それぞれの国内でWiseの口座上で完結しています。つまり、実際のお金は相手国には行っていないが、相手国のWiseの口座から受取側に入金されます。この場合、ほぼ両替料だけで済むので手数料が非常に安くなっているということです。

あなたが送金したい国もWiseが対応しているのであれば、従来の銀行間の送金よりは圧倒的に手数料が安く済みます。


※EdMercer – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=53124693による

Wiseの詳細はこちら

 

手数料の安さ

では、実際にどれくらい手数料が安いのか見てみましょう。

これは2021年9月9日にアメリカに10万円を送金したときの比較です。
以下の画像のようにWiseが受取金額としては最も高く901.98USDになっています。他の銀行のサービスと比べ、約2000円から3000円も手数料を節約できます。

Wiseの詳細はこちら

 

対応通貨

以下の日本から送金できる国とその通貨をまとめました。
あなたが送金したい国がマイナー通貨を使っていても、きっと対応しているはずです。
もし対応していなくても、対応が始まったときに通知をくれる機能もあります。

52か国対応(2021年9月時点)

アメリカ・ドル
イギリス・ポンド
ヨーロッパ・ユーロ
アラブ首長国連邦・ディルハム
アルゼンチン・ペソ
オーストラリア・ドル
バングラデシュ・タカ
ブルガリア・レフ
ブラジル・レアル
ボツワナ・プラ
カナダ・ドル
スイス・フラン
チリ・ペソ
中国・元
コロンビア・ペソ
チェコ・コルナ
デンマーク・クローネ
エジプト・ポンド
フィジー・ドル
ジョージア・ラリ
ガーナ・セディ
香港・ドル
クロアチア・クーナ
ハンガリー・フォリント
インドネシア・ルピア
イスラエル・シェケル
インド・ルピー
ケニア・シリング
韓国・ウォン
スリランカ・ルピー
モロッコ・ディルハム
メキシコ・ペソ
マレーシア・リンギット
ナイジェリア・ナイラ
ノルウェー・クローネ
ネパール・ルピー
ニュージーランド・ドル
フィリピン・ペソ
パキスタン・ルピー
ポーランド・ズウォティ
ルーマニア・レイ
ロシア・ルーブル
スウェーデン・クローナ
シンガポール・ドル
タイ・バーツ
トルコ・リラ
タンザニア・シリング
ウクライナ・フリヴニャ
ウガンダ・シリング
ウルグアイ・ペソ
ベトナム・ドン
西アフリカ・CFAフラン

Wiseの詳細はこちら

 

マルチカレンシー口座とデビットカードでより便利

マルチカレンシー口座銀行口座情報デビットカードでより便利に、Wiseだけで海外とのお金のやりとりが完結できるようになります。

詳しくは別記事に書いているので、そちらをご覧ください。

Wiseのマルチカレンシー口座を徹底解説!海外送金・入金において最強!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です