農業で “年収1000万円” を得るための作物選び。有料note

初めて有料noteを作りました。

自分の過去の経験をどんどん発信していきます。主には農業ノウハウをnoteに書くつもりです。

今2次noteブームがきているそうなので、1次は乗り過ごしたぼくとしては乗っておきたいところなわけです。

農業ジャンルの需要はわかりませんが、とにかくアウトプットします。最初のものなんか普通に考えると売れるはずないので、積み重ねていきます。

 

以下note内容

初めまして、バーニーです。ぼくは大阪から高知にきて7年、そのうち5年は農業をそれはもう死ぬほど農業をしていました。

なにせ一次産業のベンチャー企業に社長の次に入社し、ほぼ売上のない状態から○億円まで成長する過程を実際に動き、見てきました。

その経験をこのnoteに余すことなく書いていきます。

農業ってなかなか調べてもわからないことが多くて閉鎖的ですよね。それもそのはずで単位が農家なのであまり詳しい話が出てきません。する必要がないし。けど農業を始めたい人はいろいろ知りたいと思います。そのギャップをぼくが埋めようと思います。

また購入者向けに質問コーナーを設けますので、それだけでもお得になるように質問にも全力でお答えいたします。

農業をしたい方、農業で稼ぎたい方の助けになれば幸いです。

[ご購入される前の注意]

前提として、ぼくは高知県で農業をしていました。なので基本的には高知県の農業がベースになっています。しかし農業界共通することも多く、他の産地でも通用する情報も盛り込んでいますのでご容赦お願いします。

***

【目次】

・農業は稼げるのかどうか

・年収1000万円以上の農家さんの割合

・年収1000万円を得るための作物選び

・最後に

***

農業は稼げるのかどうか

これは農業をしたい方が一度はぶつかる疑問だと思います。そもそも農業は儲かるのかどうか、それがなかなか調べても見えてこないと思います。

国の統計を見ても、兼業農家の分まで含まれるので正確な数字は出ません。

あとこれは聞いた話ですが、農業大学校やその他の農業開始支援施設でもなかなかはっきりとして収入の数字は教えてくれないんだとか。なぜかというと、いい収入を教えてその収入が確保できなかったとき責任が取れないからだそうです。なんとアホらしい。

そんな数字、説明の仕方一つでうまく伝えられるはずです、新規就農者もバカではないのですから。

 

 

この続きはnoteで。noteならまだ無料で読める部分があります。

農業で “年収1000万円” を得るための作物選び – note –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です